RSS | ATOM | SEARCH

Windows リモート デスクトップ(ターミナル サービス)のセッション切り替え

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

リモートデスクトップでログインしていたが

ネットワーク切断等で接続が切れてしまい

再ログインしたら新たなセッションで繋がってしまい

今まで作業していたセッションに繋げないときの対処法

 


 

 

リモート デスクトップに複数のセッションがある場合は、

接続先のホストでtscon.exeコマンドを実行すると切り替えられる。

Tscon {セッションID | セッション名} [/dest:セッション名] [/password:パスワード] [/v]

セッションID:タスクマネージャのユーザータブでで表示されるID
/dest:現在のセッション(切り替え対象となる)
/password:別のユーザーがセッションを保持している場合は

そのアカウントのパスワードが必要

 

セッションIDと現在のセッションの確認方法

Windows タスクマネージャを起動する.

 

Windows タスクマネージャ

 

上の画像で表示されている ID がセッションIDで

切り替えたいセッション ID を指定する.

自分のユーザのセッションが現在のセッション(/dest Console)となる.

Console の部分は TCP/IP でリモートデスクトップ接続している場合は

TCP#〜 という名前になっている.

/password は切り替えたいセッションIDの

ユーザに対応するパスワードを指定する。(Windows のログインパスワード)

 

使用例:

画像にはID 1 しかないが,もし ID 2 のセッションがあり

そちらに切り替えたい場合

tscon.exe 2 /dest Console /password pass
 

以上.(。・ω・)ノ゙

 

 

author:ちゅらのひと, category:-, 21:12
comments(0), trackbacks(0), - -

Comment









Trackback


url: http://pc-tech.distinct.main.jp/trackback/36